滋賀支店 077-562-7305 
月~金 9:00-17:30(土日・祝を除く)

滋賀支店ブログ

Blog

テレワーク導入でのセキュリティ対策

セキュリティ情報, リモート

皆様こんにちは。滋賀支店の西村です。

昨年からのコロナ渦により、テレワークを導入した企業様がかなり増えていると思います。
弊社の方にも、テレワーク用としてのノートパソコンの注文が多く届いております。いつもありがとうございます。

テレワークが盛んになると、避けて通れない問題があります。それは、セキュリティリスクの増加です。
昨今、会社内においてはUTMでゲートウェイのセキュリティが施されていることが当たり前になっています。
しかしながら、出先でパソコンを利用する際は、必ずしもセキュリティ的に安全なネットワーク環境を利用できるとは限りません。持ち出したパソコンに不審なアプリケーションが侵入し、それに気付かずに社内に持ち帰ると、そこから社内中のネットワークにコンピューターウイルスが拡がる可能性があります。
こういった事態に備えて、ウイルス感染を防ぐための機器を利用することに加え、感染してしまったとしてもその被害を抑え込む仕組みを作っておくことが大切です。
具体的には、データのバックアップを適切に取っておくことや、サーバーや経理用パソコンといった重要度の高い機器に接続しているハブを、セキュリティ機能を有する機種に変える、といった方策が挙げられます。

弊社では、『SubGate』という名のセキュリティハブの導入を推奨しております。
ネットワークに負荷をかけずに、不審な通信のみをハブ上で遮断してくれます。
社内にウイルスに感染したパソコンがあっても、SubGate配下の機器には感染が行き渡らない状態にすることが可能です。

ネットワークセキュリティや、テレワークに関するお悩み事があれば、是非とも東洋にご相談ください。

●SubGateの詳細はこちら
https://www.subgate.co.jp/product/l2l3

●取扱一覧はこちら
https://shiga.toyo-group.co.jp/?page_id=34